カテゴリー
きょうの山歩き

七ツ石小屋 山歩き

七ツ石小屋のキャンプサイト

Thu./06/20/晴れのち曇り

奥多摩駅
鴨沢バス停
登山口

てるちゃんと僕は2時過ぎに起きて準備して、4時半前に家を出ました。

東急東横線、菊名駅で始発電車に乗り、武蔵小杉駅でJR南武線に乗り換え、青梅線、立川駅を経て、青梅駅で奥多摩行きに乗り換えです。

青梅駅を過ぎると、都会の景色が山の景色に変わります。青梅線は、奥多摩駅に近づくにつれて、僕たちの心は少しづつ登山者になっていきます。

7時半に奥多摩駅に着きました。太陽はキラキラして日差しは暑いけれど、朝の空気はひんやりしています。遠くに来たなと思います。

7時40分発、小菅の湯行きのバスに乗り、留浦バス停で下車。平日のバスは登山者も少なく、僕たちを含めて、5人が降りました。

留浦バス停から鴨沢バス停まで歩きます。

トイレを済ませ、靴ひもを結び直し、荷物の整理をし、出発したのは、8時45分でした。

9時半に登山口に着きました。ここから山歩きが始まるのだなと感慨深くなります。

朽ちた家
休憩
水場

登山口から30分くらい歩くと、苔がついた朽ちた家が現れます。

てるちゃんは少し疲れたので、休憩しました。どら焼き食べて水を飲んでまた歩き始めました。

僕の行動食はどら焼き、大福、ドライフルーツ、チョコレートなどです。甘いものは疲れを取って、歩くエネルギーに変えてくれる気がします。

しばらくいくと、水場が現れます。ペットボトルに水を補充しました。

山の水は冷たく、甘いです。熱い体を覚ましてくれます。

風呂岩
堂所
七ツ石小屋分岐

平将門がかつて通った道を辿る「将門迷走ルート」の看板が目につきます。平将門が迷走の際逃げ延びたルートに所々に立派な看板があり、平将門悲話を読むことができます。

12時50分頃、七ツ石小屋分岐に着きました。小屋は目の前です。

てるちゃん、疲れがピークに来ていた。小屋までもう直ぐだよと励ましながら歩いています。

七つ石小屋
小屋の裏
奥多摩の山々

13時14分、七つ石小屋に到着。てるちゃんの笑顔が戻った。やっと昼食。おにぎり食べて少しゆっくりしました。

かつて友達が奥多摩の山は深いのがいいと言っていたのを思い出しました。

13時50分頃、下山を開始しました。 小屋の上のルートを通り、遠回りして下山しました。

小屋の上のルートはなだらかで、のんびり歩くのには良いコースです。

てるちゃんは少し疲れていました。てるちゃんは小屋の上のルートに上がるときに、足をつりました。そこで68を飲みました。

大丈夫になったので、再び歩き始めました。

このルートは水場があります。美味しい水を飲んで、元気になって下山します。

シカ
シカに会う

16時30分頃、シカに会いました。人に慣れているのか近づいても急いで逃げようとしません。こちらをじっと見ています。

下山ルートだったので、近づいていくと、少し下に移動してくれました。

登山口
鴨沢バス停

17時、やっと登山口まで降りて来ました。ここまで来るともうひと息です。

17時40分鴨沢バス停に到着。18時40分までバスはありません。

てるちゃんは疲れてぐったりです。よくがんばりました。

お疲れ様でした。

雲取山は僕の大好きな山です。距離は長いですが、なだらかでのんびり、ゆっくり歩くことができます。

以前は日帰りコースでしたが、今後は1泊2日コースになりました。

カテゴリー
きょうの山歩き

 みろく山の会    

新入会のためのオリエンテーリング 6月/2024

Sun./06/09/2024 曇

6月の新入会員オリエンテーションが始まりました。集合場所は小田急線渋沢駅、時間は7時30分でした。

僕が7時20分頃に渋沢駅の改札を出ると、全員集合していました。

新入会員7名、CL・SL4名で渋沢駅北口からバスに乗りました。天気予報は曇で、夕方から雨の予報でした。それでも大倉行きのバス停には、1台のバスで乗り切れない人が並んでいました。

大倉 準備中
天神平へ出発

8時20分頃、簡単な自己紹介、準備体操、手洗いを済ませ、天神平に向けて歩き始めました。先頭、中程、後尾はCL・SLが務め、新入会の僕たちを引率してくれました。

大倉尾根は、塔ノ岳へのメインルートなので、たくさんの人が歩きます。僕たちは、Aランクの所要時間通りに歩いていきます。

時々、CLのWさんが後尾にいて、他の登山者の妨げにならないように「3人が追い越しますので、山側に寄って、道を開けてください」などと声をかけてくれました。新入会員だけでなく、あらゆるところに気を配りながら歩いている姿に感動しました。

丹沢ベース

8時45分頃、丹沢ベースに到着。少し休憩。曇り空のため暑くなく、爽やかな山歩きとなりました。水分や行動食を補給して再び歩き始めました。

観音茶屋前のデッキ
観音茶屋

9時00分頃、観音茶屋に着きました。少し休憩。水分、行動食を補給。休憩するごとに、少しづつ皆さんとお話しました。「みろく山の会」に入った動機、登山歴、今後の目標、日常生活などを話して親睦を深めました。

今年、気づいたことは、大倉尾根の観音茶屋さんや堀山の家さんなどの小屋の前に、食事のメニューが立体的な看板やデコレーションで表示されていることでした。素晴らしい、新たな発見でした。

雑事場の平の分岐
休憩台

9時35分頃、雑事場の平の休憩台で少し休みます。ここから、少し無口になって、駒止茶屋の先まで歩きました。少し休憩して、堀山の家を目指しました。

少し疲れていましたが、堀山の家から天神平の急坂を登れば終わりなので、みんな元気に歩きました。

天神平で昼食を済ませて、下り始めました。空は曇り空で、日がささないので、少し楽でしたが、空模様が怪しくなり始めました。

大倉高原テントサイト
強い雨

駒止茶屋の北側でWさんとAさんに「山座同定」と「地図読み」を教わりました。地図読みは難しいので、新入会の僕は、「みろく山の会の地図読み実技」が行われる時に、必ず参加したいと思いました。

14時頃に、大倉高原テントサイトに到着しました。すると、雨が降り始めました。小止みの時もありましたので、その時に、KさんとAさんから「簡易チェストハーネス」のつけ方、「プルージックロープ」の結び方を習いました。

木の下で少し雨宿りをしていると、雨も上がったので、大観望を経て、大倉に下山しました。

大倉下山
反省会

15時30分頃に全員無事で大倉に帰って来ました。CL・SLの皆さん、ありがとうございました。

カテゴリー
きょうの山歩き

高尾山 富士山見えた

Thu./5/23/ 曇時々晴

午前8時30分前に、京王線高尾山口駅に到着しました。準備をして、40分過ぎに、高尾山山頂を目指して、歩き始めました。今日のコースは尾根歩きを楽しめる稲荷山コースです。高尾山は平日でも観光客や登山者が多いので、自然を楽しみながら歩く、このコースにしました。

高尾山口駅から右に進むと、ケーブルの清滝駅に出ます。駅の左側の車道と並行に流れている小川を越えると、稲荷山コースの登山口があります。

急な階段の登山道を登ると、すぐに稲荷の社に着きました。そこを過ぎて、尾根上を登っていくと、稲荷山に着きます。

てるちゃんは、89歳なので、休み休み登っていきます。尾根上なので歩きやすいです。木道もしっかり完備されていて、楽です。

コース時間より10分ほど遅れて、登頂です。

登頂すると、富士山が待っていました。曇り空ではありましたが、雲海に浮かび、白雪が残っている富士山が見えました。

山頂に着くと、たくさんの人がいました。山頂の茶屋で、食事を楽しむ人。何人かで、ビールを楽しむ人。犬をつれている人。家族や友人や仲間で談笑している人。ベンチでお茶やおにぎりを食べている人。小学生を率いている先生。

高尾山はハイキングにはとても良い山でした。

カテゴリー
きょうの山歩き

大野山

Sat./4/13/2024 晴れ

山北駅近く
富士山
河内川

3時過ぎに起きて、準備して、朝食を食べて、西丹沢にある標高723mの大野山に行ってきました。

JR御殿場線の山北駅で降りました。7時半過ぎの山北の空気は澄んで、少しひんやりしていました。

線路沿いの桜は満開を過ぎていましたが、初夏の日差しに照らされて、綺麗でした。桜まつりの期間が終わって静かに桜を眺めました。

青い空にピンクの桜がよく映えていました。

山北の桜を後にして、歩き始めました。地蔵岩コースを11時頃まで歩いて、山頂に着きました。

長い階段
階段登った場所の桜

地蔵岩コースで歩くと、長い階段を登って、牧場の東端に出ます。牧草地では牛がのんびり草を食べていました。

ここから15分ほど歩くと山頂です。山頂にはたくさんの人が、休憩や昼食をとっていました。

富士山
富士山
丹沢の山々

山頂に着くと、雲が上がってきていました。春霞の富士山もまたいいものです。

山頂は、遮るのもがないので、少し肌寒く感じました。

カテゴリー
きょうの山歩き

三ノ塔

Thu./3/14/2024 晴れ

牛首

てるちゃんと僕は久しぶりに山歩きに来ました。昨年の11月、大菩薩峠を目指しましたが、丸川峠まで歩いて、退却しましたので、今日は無理をせず、丹沢の塔ノ岳を諦め、三ノ塔を目指しました。

渋沢から大倉に行き、8時20分頃、大倉バス停を出発し、風の吊橋を渡り、牛首まで、歩きました。牛首までは林道沿いに尾根道を歩きました。

林道は伐採作業中の看板や張り紙がしてあり、歩くことはできません。

牛首までの尾根歩きは順調でした。牛首からの尾根歩きは急坂もあり、雪がついていたりしたため、少し時間がかかりました。

三ノ塔尾根

牛首から三ノ塔まで、てるちゃんは少し辛そうでした。右膝に踏ん張りが効かず、休み休み歩いていました。

三ノ塔

 三ノ塔に到着。尾根の上は風が冷たかったです。晴れ予報でしたが、富士山は見えず、尊仏山荘や江ノ島がぼんやりと見えるくらいでした。

昼食をとり、すぐにヤビツ峠を目指して、下山しました。右膝が痛いてるちゃんはかわいそうでした。

無事にヤビツ峠に着くと、15時46分のバスに間に合いました。

ラッキーでした。蓑毛まで歩くつもりでいたので。助かりました。

感謝です。

カテゴリー
きょうの山歩き

尾瀬(2023/6)

2023年6月の水芭蕉の時期に初めて行った。尾瀬は何度も訪れていますが、水芭蕉の時期は初めてでした。

尾瀬は素晴らしい。いつ行っても、雨の日でも、もちろん晴れてても。